世界各地を転戦中の吉岡健太郎から編集部にこんなメールが届きました!

世界各地を転戦中の吉岡健太郎から編集部にこんなメールが届きました!
読者のみささんも健太郎を応援しましょう!!
以下、吉岡健太郎選手より
お疲れさまです!
いつもお世話になっております。
今シーズンの初戦のヨーロッパカップがオーストリアで開幕されました。
僕にとっては今後に控えるワールドカップ、世界選手権に向けての大切な1戦でした。
世界選手権に出場するには12月21日のワールドカップでのベスト16が条件でした。
その12月21日のワールドカップに出場するためには昨日、今日のレースでの決勝進出がある程度の目安となるボーダーラインでした。
昨日12月8日のレースではいいリズムで滑っていたのですが、バランスを崩し、大きな減速を緩斜面の前でしてしまい、スピードに乗れず、持ち直そうとしたときにポールの根元の硬い部分に左太ももを打ち付け、
支障の出る打撲をしてしまいました。レース後は遠征メンバーの助けを借りてアイシングやケアに徹しましたが、今日12月9日のレースはまともに滑る事も出来ませんでした。
残念な結果ですが、12月21日のワールドカップ、1月25日からの世界選手権には出場できません。
次のレースは12月15日16日にイタリアのラシングスという所で開催されるPSL(パラレルスラローム)です。1月11日にオーストリアのバドガシュタインというところで開催されるワールドカップ種目なので大切なレースです。
少しでも早くワールドカップへの出場権を掴み、そこで結果を残したいです。
明日、オーストリアのヒンタートックスというスキー場に移動して韓国チームと2日間練習してからイタリアに入ります。
また結果報告させていただきますので宜しくお願いします!
吉岡健太郎